2010年12月10日

ミャンマーに地下核施設か=ジャングル内、北朝鮮が支援―米公電 ・・すごいかも

今回のトピックも役にたちますよ。
後味が悪いのは避けたいのですが。
ヘッドラインのことを書いてみたいです。

☆★☆

ミャンマーに地下核施設か=ジャングル内、北朝鮮が支援―米公電
時事通信 12月10日(金)12時34分配信

ミャンマー軍事政権が同国のジャングルの地下に、北朝鮮の支援を受けて核・ミサイル施設を建設していると米大使館が本国に報告していたことが、内部告発サイト「ウィキリークス」公表の米外交公電で明らかになった。英紙ガーディアン(電子版)が9日報じた。

公電は2004年8月のもので、関係者の目撃証言として、ヤンゴンから北西に480キロ以上離れた丘陵で行われていた地下施設建設に、北朝鮮技術者ら約300人が従事していたと報告。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101210-00000063-jij-int

★☆★



さてさて、良いあんばいに仕上がりました。
こんな感じですすめたいと思います。
これからの方向性がいまいち?


コム新規
今日の補修
新規ウォーク
新規コム
今日の勉強
今日の目利き
今日の熟知
今日の自習
posted by あおい6pb9 at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なっとく、米公電流出 電子空間で「サイバー戦争」火ぶた

人に話したくなるようなネタってないですかね?
今日はこの特集にしました。
本日はヘッドラインに関して、なっとく、米公電流出 電子空間で「サイバー戦争」火ぶたのはなしです。

☆★☆

米公電流出 電子空間で「サイバー戦争」火ぶた
産経新聞 12月9日(木)19時30分配信

【ニューヨーク=松尾理也】内部告発サイト「ウィキリークス」をめぐる政府・企業側と、ハッカーらとの摩擦が、電子空間における「サイバー戦争」の様相を呈してきた。「自由のシンボル」としての役割が強調されがちだったインターネットが、米国を初めとした民主主義国家や自由主義経済と本格的にぶつかりあう初めてのケースと指摘する声も上がっている。

8日、ウィキリークスのサイト上でのクレジットカード使用を停止したカード大手のビザ、マスターカード両社のウェブサイトは一時、アクセス不能な状態に陥った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101209-00000603-san-int

★☆★



最近のトピックス的ワードはいかがだったでしょうか?
応援よろしくです。
よかったよかった!


多汗とわきって・・・1
シ○のとりかた・・・
多汗とわきって・・・3
ワキ○○の超音波って・・・2
多汗とわきって・・・2
講座web
わきとワキについて1
シ○が消える・・・
posted by あおい6pb9 at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。