2011年05月05日

米国に見せつけ?中国が「民主化」抑圧を強化 ってさあ、ホント?

面白いと思ってくれるといいんですが・
今日はどんなことがあるのか、おこるのか・・・
ヘッドラインに関して、米国に見せつけ?中国が「民主化」抑圧を強化 ってさあ、ホント?について調べてみました。

☆★☆

米国に見せつけ?中国が「民主化」抑圧を強化
読売新聞 5月5日(木)22時36分配信

【北京=関泰晴】中国の胡錦濤政権は北京で4月末に開いた米中人権対話で米側の人権改善要求を拒絶し、その後も、エイズ患者の救済などに取り組む著名な人権派弁護士、李方平氏(37)を拘束するなど、中東情勢を受けた民主化要求への圧力を一段と強めている。

外交筋によると、同月27、28日の人権対話で米側は、芸術家の艾未未氏ら拘束されている中国の人権活動家や弁護士の名簿を提示し、釈放を要求。中国側は応じず、言い分は平行線のままだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110505-00000618-yom-int

★☆★



ここんとこなんか疲れ気味で、やばいかも!
サア、ぼちぼちいきましょう。
バイバイ!


カードローン会社大手の武富士が、昨年9月、東京地方裁判所に会社更生法手続開始の申立てを行いました。

最近、キャッシングローンが矢継ぎ早につぶれています。インターネット上には、過払い富山県借り入れ 金融会社 利息 和解 借金相談 会社更生法の適用という単語であったり貸金業者 悪意の受益者 メール相談 債務整理手続き 借入 違法金利などの語句がならび、また過払い石川県法律 元本 過払い請求 完済 弁護士事務所 金融機関といった熟語や利息の払い過ぎ 債務整理 多重債務 モビット 借入額 依頼する等々や過払い福井県大手消費者金融 過払い利息の権利 利息制限法 届出期間 信用情報 貸金業規制法 出資法などなど色々な記事が見受けられます。とりあえずの金策に苦しんだときの消費者を\xBD
擷韻襪燭瓠〴篤陳◀亮茲蠏茲瓩廼睛琛⓲爾❹辰燭里藁匹い海箸世❶〻甼靴蓮Δ△蠅茲Δ蓮\xA3

代表する消費者ローン会社の破綻は、4〜5年まえにも起こりました。

平成19年に破綻した貸金会社のクレディアは民事再生で、過払い金の個人への支払いが、一部カットされました。そのときは、過払債権 債権日 自己破産 延滞 貸金業法 返済方法と言う漢字であったり過払い山梨県消費者金融 過払金を取り戻す 利息制限法に違反 過払い発生 過払い金返還請求 財務体質などの言語が並び、また返し過ぎたお金 武富士 完済後 特定調停 権利 取立てと言った単語や過払い徳島県更正手続き クレディア 返還が困難 督促状 相談無料 任意整理などなどやみなし弁済 キャッシング 破たんのリスク 刑事罰 費用を安く 金利 更正債権届出書などの話題が多くなり
ました。

2年前に倒産の消費者ローン会社のアイフルでは、債権放棄で金融機関が応じたため、個人に対する過払い金のカットはなかったようです借入れ者への過払い金のカットはゼロのようです。そのときは、過払い香川県違法利息 不当利益 返済金 返済期間 相談 権利を失うという言葉であったり弁済を受けられない 返済の仕方 保護 減額報酬 出資法利息 依頼の内容などの用語がならび、また過払い愛媛県取引履歴 レイク グレーゾーン金利 借金を相談 借金に悩む クレジットカードといった文字や過払い金 過払い報酬額 司法書士事務所 契約書 民事再生 利息制限法利息等々や過払い高知県借金の問題 不当利得返還請求 成功報酬 支払い困難 過払い金額 貸付け 各金融業者などといった話題が増えました。そのせ\xA4
いʔ△箸い辰織乾轡奪廚ⓖ楞鈇靴泙靴拭\xA3

平成22年の武富士の問題は、会社更生法に適用されるので、過払い金返還請求をする個人も、過払い金返還請求の人も切捨ての対象は避けられません。先々ブラックリスト 着手金 司法書士 過払金返還請求 開示請求 領収書と言う文章であったり秘密厳守 取引 貸し付け アコム 払う必要のないお金 アイフルなどの活字が並び、また法的根拠 借金問題 弁済を受ける 相談の内容 破綻 過払い金カットと言ったことばや法律用語 利率 利息上限 個人再生 内緒で借金 裁判所 債権届出などなどや弁護士 初期費用 闇金 債権放棄 直接交渉 ショッピングローン 借金 等のゴシップが巷を騒がすでしょう。
posted by あおい6pb9 at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。